エースボード ALCパネル製品紹介HOME
製品ラインナップ
木造住宅用ALC35mm厚クリオンエースボード

・・・ ⇒ 用途 ⇒ 適用範囲
  1. 常時水や土に接する部位に使用しない
  2. 常時高温となる場所には使用しない
  3. 化学的影響を受ける所では使用を避ける
  4. 接合材は指定品のねじを用いる
  5. パネル取付け後は速やかにシーリングおよび仕上げを施す
  6. 透湿防水シートはBタイプをお薦めします
  7. 木造建築以外には使用しない

1 常時水や土に接する部位に使用しない

  • 注意: エースボードは多孔質な材料なので、常時水や土に接する部分に使用することは避けてください。長時間水分に接していると、パネルの強度が低下するおそれがあります。
■常時水気や湿気に接し、長期間湿潤状態にあると、強度や耐久性に支障が生じる

2 常時高温となる場所には使用しない

  • 注意: エースボードは常時50℃以上の温度にさらされると、乾燥・収縮を起こしてひび割れが起こり、耐力の低下をきたすおそれがあります。
■常時高温に接する場所での使用は、強度や耐久性に支障が生じる

3 化学的影響を受ける所では使用を避ける

  • 注意: エースボードはコンクリートと同様に、酸やアルカリに対し有害な影響を受けやすく、高濃度の浸蝕性ガスにさらされると、ひび割れや耐力低下を起こすおそれがあります。
  • 注意: 木部の防腐処理を施す場合には、エースボードに悪影響を与えないよう、JIS K 2470(クレオソート油)の規格に適合する材料を用いて下さい。

4 接合材は指定品のねじを用いる

  • 注意: エースボードは木ねじにより木軸下地などの支持部材に固定します。したがって、木ねじはエースボードを固定する強度上大変重要な部材です。
  • 注意:クリオン(株)では、エースボードを取付けた後も長期耐久性が維持できるように、使用する接合材について指定品を設けています。クリオングループが行う「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に基づくエースボードの10年間品質保証では、指定品の使用を前提としています。

5 パネル取付け後は速やかにシーリングおよび仕上げを施す

  • 注意: エースボードはパネル取付け後、長期間素地のままで放置しておきますと、雨水等の吸水による品質劣化を起こすおそれがあります。したがって、パネル取付け後は速やかにパネル間のシーリングおよび仕上げ等による防水処理を施してください。
■素地のままの放置は吸水による劣化のもと

6 透湿防水シートはBタイプをお薦めします

  • 透湿防水シートを使用される場合には、透湿防水シート(JIS A 6111)Bタイプの使用をお薦めします。
項目 透湿防水シートBタイプの品質
透湿性[透湿抵抗]
m2・s・Pa/μg
0.13 [0.27] 以下
結露防止 室内側20℃、60% 外気温-5℃の条件で結露しないこと
強度(つづり針保持強さ)
N
15以上
発火性 発火しないこと
防水性[水圧]
kPa
初期 10[1020]以上
促進暴露後 8[816]以上
防風性(通過時間) S 10以上
■透湿防水シートはBタイプを使用する

7 木造建築以外には使用しない

  • 注意:エースボードは、木造建築物に用いることを前提に、パネルならびに取付け構法の設計が行われている木造下地専用の商品です。
  • 注意:鉄骨造建築物や軽鉄下地の場合には、クリオンライトのご採用をお願いいたします。
■エースボードを鉄骨造に用いる場合には、強度・防耐火性能などの検討が必要
上へ戻る ⇒ エースボードの用途 ⇒ 適用範囲 使用上の注意事項