ALCとは HOME



ALCクリオンの建築現場や製造過程で発生する端材を少しでも減らすとともに、完全にゼロにすることはできない廃棄物を有効活用できれば、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷を軽減することができます。
これからのクリオンの環境貢献にご期待ください。

建築現場で発生する端材のリサイクル

クリオンは建築現場で端材が極力出ないようにオーダーメイド対応していますが、設備用の穴明けや斜め切断等、避けられない現場加工があり、端材をまったくゼロにすることは現実的にはありえません。
そこでクリオンは、環境省から「廃棄物の処理及び清掃に関する法律に基づく産業廃棄物の広域的処理に係る特例(広域認定制度)」の認定を受け、建設現場で発生するクリオン端材を回収して再利用できるリサイクルシステムを構築しています。
なお、クリオンリサイクルシステムは新築現場を対象としています。




建築現場で発生するALC端材の回収量のうち、60%以上をクリオンが占めています。
  ALCメーカー
全社回収量
クリオン回収量
平成17年度実績 3,087t 2,035t
対全社比率 約66%
平成18年度実績 3,179t 2,050t
対全社比率 約65%
 全社回収量は環境省のホームページによります。
[このページのトップへ]

 クリオン リサイクルシステムのフローチャート

1.基本契約の締結
排出事業者本社 クリオン本社
基本契約は、排出事業者(元請建設会社)様本社と
クリオン本社間で締結します。


2.個別契約の締結
排出事業者(現場) クリオン各支店・営業所
建築現場ごとの個別契約を、排出事業者(元請建設会社)様の
各現場とクリオン各支店・営業所間で締結します。


3.クリオン端材搬出・回収フローチャート
  クリオン製品   クリオン製品  
クリオン工場 専属指定輸送会社 排出事業者(現場)
  クリオン端材   クリオン端材


4.クリオン端材管理表(マニフェストA~D表)フローチャート
排出事業者(現場) 専属指定輸送会社 クリオン各工場

A票保管   D票保管   B票保管   C票保管


 ●マニフェスト(サンプル)
   クリオンは建築現場で発生する端材を回収し、
   再生利用できるリサイクルシステムを構築し、
   クリオン端材管理票(マニフェスト)により、
   端材再生の流れを徹底管理しています。
[このページのトップへ]

 ALC端材の再資源化に英知を結集

クリオンの親会社である太平洋セメントは、リサイクル分野におけるパイオニアであり、幅広い技術を有する日本を代表する環境貢献型企業です。太平洋セメントグループの一翼を担うクリオンは、英知を結集してALC端材の再資源化の研究開発に取り組んでいます。

[このページのトップへ]
上へ戻る || リサイクル フローチャート || クリオンリサイクルシステム