ALCとは HOME
ALCとは?

施工体制

1. 優れた施工性があります

クリオン建築は、工場で生産されたパネルを施工現場で取付けるため、高い施工性を有し、加えて、パネルの軽量性と専門工事業者による責任施工などが相まって、現場での省力化や工期短縮を図ることができます。

市街地の狭い敷地にも容易に建てることができ、敷地の有効利用が図れます。また、施工現場での騒音や振動も少なく、近隣へ迷惑をかけることが少なくすみます。

2. 確立された施工体制により安心して工事をお任せいただけます

クリオンでは、ユーザーに対して信頼される施工品質を提供するために、「認定工事店制度」「技術管理士制度」を定めています。
また、全国の代理店・工事店への技術指導・技術資格試験の実施により技術知識の普及を図っており、責任のある管理体制を確立し、施工品質の向上を図っています。

認定工事店制度
ユーザーへの信頼ある技術の提供を目標に、クリオン工事技術のレベルアップと、グループの施工体制強化を図るための工事店制度。
建設業許可を有するクリオン工事店を対象に、施工管理体制・常傭施工班数・月間施工能力・有資格者数(ALCパネル施工技能士およびクリオン技術管理士など)を基に、その技術力を認定する制度。
技術管理士制度

クリオンの代理店(専門工事店)・工事店の社員・作業者を対象に、技術知識・積算見積りなどの実務、および建築知識についての講習・試験を実施し、クリオンの販売施工に関わる技術知識を評価・認証する制度。合格者には資格証が発行される。

全国のクリオン代理店・工事店の施工技術者に対し、「ALCパネル施工技能検定」・「JIS溶接技術検定」などの、積極的な受験の斡旋と講習会の開催・技術指導を行うことにより、ALC施工技能および溶接技術の向上を図っています。

ALCパネル施工技能検定
ALCの施工に携わる作業者の技能を適正に評価し、有資格者としての社会的権威づけを図るとともに、能力開発と技能向上推進のために厚生労働省が行う国家検定制度。
試験は、実技試験と筆記試験があり、合格者には厚生労働大臣より合格証書が交付され、「ALCパネル施工技能士」と称することができる。
JIS溶接技術検定
高品質の溶接技術を確保するために、溶接技能者の溶接に関する専門知識と高度な溶接技量を認証するために、(社)日本溶接協会が行う認定制度。
この試験は、JIS Z3801-1997「手溶接技術検定における試験方法および判定基準」に基づいて実施され、合格者には適確性証明書(資格証明書)が交付される。

3. 労災上積み補償金制度










等級 補償金(万円)
1 1000
2 1000
3 1000
4 800
5 700
6 600
7 400
8 200
9 160
10 120
11 80
12 60
13 40
14 20
■休業補償はありません

クリオンでは、施工をしていただく職方の皆様方や、工事管理を行う代理店、工事店の皆様方に、安心してクリオン工事に携わっていただくように、労災上積み補償保険制度を実施しています。
これは、労災障害等級に規定された後遺症が残るような労働災害に対し、労災の補償金額の上にクリオン(株)が上積みの補償を行う制度で、万が一の場合に大変心強い制度です。
本制度の引き受け保険会社は三井海上火災保険社であり、保険金はすべてクリオン(株)で負担いたします。

詳しい規程については、最寄りのクリオン支店・営業所までお問い合わせください。

補償金額例
  1. 死亡の場合=遺族補償として1000万円を支給します。
  2. 傷害を被った場合=傷害補償金として右記の通り支給いたします。
上へ戻る || 優れた施工性 確立された施工体制 補償金制度 || 施工体制